長期修繕計画 そして修繕積立金残高は、万全ですか?
詳細は、次頁以降。計画書の診断と、策定を提案します。

工事費の資金計画はどうすれば良いのか?

 

基本的には、

長期修繕計画に沿って、修繕積立金を使って行われます。

 

ただし、長期修繕計画の見直しなどが必要な場合もありますので、給排水設備改修のコンサルタントにご相談ください。

6c700525a4b64c948c1f5906ca196fbc_m

長期修繕計画と資金計画

01.

長期修繕計画とは

建築・設備の大規模修繕について

  いつ頃 どんな工事が必要なのか、

  どのくらいのお金がかかるか?

  そして 修繕積立金残高は、年度別の工事費

  を充足しているか?

  月々の修繕積立金は、適正か?

     毎年の組合活動計画として定めるものです

 

国土交通省のマンション管理適正化指針では、

 「適時適切な修繕を行う事。 その為には

  適切な修繕内容と資金計画を定める事。」

  が重要とされています。

6c700525a4b64c948c1f5906ca196fbc_m

02.

見直しが必要な問題点

長期修繕計画が立てられるのは、マンションの新築時の為、新築当時の基準で作られている可能性があります。

その為に

①工事時期や工法そして工事金額が、単一的かつ

 一般的な基準で一律に定められている。

②資材費・人件費などの変動を反映していない

②販売会社の都合で積立金が低く設定されている

などの問題があります。

 

その為、

長期修繕計画の定期的な見直しが、非常に重要となります。

98b42f28abaa397efabf397b5c18a71b_m

03.

適切な計画にするために

10年間の中期修繕計画を策定し、5年毎に見直す。

設備の劣化速度は経年により均一に進捗するの

ではなく、使用環境や新築時の施工技術により、

大きく異なります。

5年ごとに 使用状況(つまりや漏水事故)を確認して、計画の見直しを行い、

計画工事をの2年前に劣化調査を行なって、

工事時期と工法・工事金額の見直しを、

お勧めします。

 

gf1420443533l
長期修繕計画工事費

解説動画はコチラ