管理組合活動における、改修工事の行程
問題認識から工事実施まで、どのような手順で進められるのか?
右上の四角をクリックすると、目次が表示されます。
Check!
工事の行程は、理事会で検討され、総会の決議により進められます。
Point
1

問題認識共有と組織つくり

インフラ設備であり、工事中の室内工事がある為、

居住者による工事取組みの問題認識共有が必要です。

 

取組みから工事終了まで、複数年を要することから、

修繕委員会等 組合の組織作りが重要です。

Point
2

工事への手順

1.長期修繕計画や劣化調査診断に基づき、当期活動計画

 として、改修工事実施方針を理事会決議します。

2.改修工事計画(工事項目・工法・予算・工事業者)を

 策定し、総会の決議を行います。

3.工事内容につき、居住者に工事説明会を開催します。

4.施工監理会社のサポートを受け、工事の適正な進捗

 を監理します。

Point
3

業者選考と、工事契約締結

改修計画策定で重要なことは、業者の選考です。

いくつか方法がありますが、指名競争入札が一般的です。

工事仕様書と見積書式を基に複数社に依頼し、

ヒアリングを行って、コンサルタントの助言を受けて理事会で選考し、

総会で決議承認をうけます。

この行程では、公明正大に行われることが重要です。

 

Point
4

コンサルタントの重要性

設備改修工事では、多くの行程と選択肢があります。

これらを進めるには、専門知識と事例が求められます。

経験に裏付けられた知識を持つ、給排水設備専門の

コンサルタントのアドバイスが必要です。

 

 

Point
5

たいせつな こと

改修工事は、適切な時期に劣化状況に応じた

適切な工法で行われる事が、重要です。

これにより、事故防止と工事費の削減が図られます。

 

管理会社や工事会社任せでは、いけません。

 

工事への行程と、                組合による活動