お見積もり
apartments-1853501_1920
architecture-2588101_1920
マンション給排水設備の劣化問題を解決します。
豊富な経験と知識で客観的立場から、管理組合の
活動をサポートする、これまでにないコンサルタントです。

目次

・関連する解説動画( 12.13.14)と、全容を解説する動画(16)もご覧ください。

・ご質問や相談は電話やメールでお気軽にどうぞ。 費用はいただきません。

 

1    マンション給排水設備の、劣化問題を解決します。    
        築後25年以上では、配管の錆による劣化が進捗し、漏水事故に至ります。
2    マンションでも、高齢化問題が深刻です。    
        首都圏では40%が築後25年超。経年劣化は避けることができません。
        放置すると漏水事故に至ることは、不都合な真実です。
3    居住者・管理組合の目線に立ち、客観的かつ公正な施策を提案します。    
        これまでにないコンサルタント会社です。
4    企業紹介    
        マンション給排水設備に特化した、コンサルタントです。
5    コンサルティングにあたっての、三つの特色    
        1. 客観的立場から公正に 
        2. 豊富な実績に裏付けられた、専門知識の提供
        3. マンション管理諸法を取り込んだ、解決の具体策
        管理組合を支援する活動のポイントは?     
6    設備の劣化は、錆が原因です。    
        高齢化マンションの宿命といえる、錆との闘い。
        設備の劣化は、なぜ起こるのか。 経年劣化の必然として起こる、不都合な真実。 
7    給水管・排水管は、錆の進捗と汚れの付着により、こんな状態にります。    
        1.給水管の劣化調査写真   築後25年
        2.雑排水管と汚水管の劣化調査写真 築後35年
8    設備の劣化による漏水事故は、日常生活に大きな障害を及ぼします。    
        劣化事故の特徴
         1.突然発生する漏水事故  
         2.下階に襲い掛かる漏水
         3.劣化の原因である錆との闘い
9    まず 設備の構造を知りましょう。    
        どのようなシステムで給水され、どんなルートで排水されるのでしょう?
        1.劣化問題の取組みは、設備の仕組みを知ることから始まります。
        2.給排水管の系統
         系統略図
        3.給排水管の資材と、発生する障害
         給排水管の資材 (使用部位・特色・発生する障害・標準修繕時期)  
        
        
10    劣化問題への取組は、客観的な調査と、公正な工事診断から始まります。    
        劣化調査と、調査に基づく改修工事診断
        調査個所 
        調査状況の写真
        早期の調査と診断が、安心の暮らしを守り、大切な財産を保全します。
11    設備の種類と劣化状況そして予算を見極めた、適切な工法の選択が重要です。    
        劣化の進捗度・工事中の居住者負担、そして工事費により、多くの選択肢があります。 
        1.更生工法
        2.更新工法
        3.直結給水方式
        
12    長期修繕計画 そして積立金残高は、万全ですか?    
        1.工事の資金計画は、どうすれば良いのか?
        2.長期修繕計画と資金計画
         ・長期修繕計画とは  ・見直しが必要な問題点  ・適切な計画にするために
        3.長期修繕計画書のフォーマット
    長期修繕計画と工事予算についての動画    
        「 本当に大丈夫?  予算計画」

13    専有部の改修工事は、組合が行うのか?  個人が行うのか?    
        ・管理規約の定め  ・専有部工事の問題点  ・規約改定・判例・工事の実態
        ・対策  ・工事費に関する規約改定  ・管理規約改定のまとめ
    専有部工事の重要性と、取組策を解説する動画    
        「専有部工事の責任と権限は誰に」

14    管理組合活動における、改修工事の行程は?    
        問題認識から工事実施まで、どのような手順で進められるのか?
        工事の行程は、理事会で検討され、総会の決議により進められます。
          ・問題認識共有と組織つくり  ・工事への手順  ・業者選考と工事契約締結
              ・コンサルタントの重要性  ・たいせつなこと
    工事への行程と、組合による活動を解説する動画    
        「理事会はどうすればいい」
  
15    これまでにない、改修工事コンサルタントです。    
        1. コンサルティングの基本スタンス
         ・実績に基づく豊富な専門知識 ・客観的かつ公正なアドバイス ・管理組合活動をサポート
        2.設備劣化問題と、改修工事の特殊性
         ・日常生活に直結 ・劣化障害は、突然の漏水事故となる ・障害は他の部屋にも及ぶ
         ・居住者の生活負担と、問題認識が大切 ・組合運営による、長期的な取り組み
16    給排水設備劣化問題の、全容を解説する動画    
        「どうする給排水設備」  

17    Access     ご質問や相談は、電話やメールでお気軽に。    
18    お問い合わせシート    
19    プライバシーポリシー 

マンションでも高齢化問題が、深刻です。

給排水設備劣化による漏水事故が、日常生活にも被害を及ぼし 財産価値を落としてしまいます。

首都圏で40%を占める築後25年以上のマンションでは、給水管・排水管の経年劣化により、必ず錆が原因の障害が発生します。

共用部と専有部設備が一体で床一枚で隣接するマンションでは、建物全体や階下室にも被害をもたらします。

劣化状況を客観的調査により把握し、適切な改修工事診断にそった大規模修繕工事を行うことにより、劣化問題は解決します。

国土交通省マニュアルの基準や 問題に取組んだマンションでは、給水設備は25年・雑排水汚水設備は35年で、大規模修繕工事を行っています。

居住者そして管理組合の目線に立ち、客観的かつ公正な改修策を提案する、これまでにないコンサルタント会社です。

経験の中で培ってきたノウハウを活かして、管理組合による給排水設備劣化問題の解決を、サポートいたします

管理会社や各種工事会社と 管理組合の間に立ち、管理規約と長期修繕計画をベースに、組合員の問題認識共有を最重点課題として、組合活動による改修工事をサポートします。

これまでの1万室余りの実績と経験の中で、培ってきたノウハウを活かして、行き届いた質の高いサービスを提供いたします。

マンションで生活している人々が安全で快適に過ごせるよう、細部まで妥協のない丁寧なご提案により、お客様からも喜びの声を寄せていただいています。

企業紹介

マンション給排水設備の維持改修に特化した、                                        これまでにないコンサルタントです

給排水設備で気になる事や事故がありましたら、気軽にお問い合わせください。

マンション給排水設備の維持改修に特化した、

これまでにないコンサルタントです。

25年余 約一万戸の、経験があります。

 

管理会社・工事会社・コンサルタント会社の立場から、

管理組合が取組む 多くの課題を体験しました。

 

管理会社・工事会社とは一線を画し、

居住者即ち管理組合の目線に立ち、

コンサルタントを行います。

 

マンション管理業務に関する資格を持ち、

マンションの調査診断を行う社団法人等に、所属しています。

 

株式会社 ラッキー・クロス企画

代表取締役 辻 幸一

千葉県船橋市坪井東5丁目9番1号

資本金   300万円

電 話  090-6541-0262

Email   tsuji_lucky1@nifty.com

マンション管理業務主任者 宅地建物取引士

一般社団法人全国建物調査診断センター 理事

市管ネット(旧市川市マンション管理組合協議会) 役員

 

 

コンサルタントで 大切にすること

・マンションの給排水設備は、日常生活に直接関わる

 インフラ設備

 

・劣化障害が突然の漏水事故で発生する前に、

 調査と診断により、劣化状況を把握することが必要

 

改修工事は、管理組合の問題として、

 組合運営として取り組まれる

 

 

大賞LP